肌を心配している女性

透き通るような雪のような肌は女性の憧れであり、美肌の鍵となるのは普段の正しいスキンケアと栄養の整った食事です。肌荒れが何度も繰り返されたり、敏感な皮膚になるのは、日頃のお手入れと食べ物が影響をしている可能性もあります。健康に良い食べ物は肌にも良く、腸内環境を整えるのでニキビ改善にもなるため、食事を見直すことも必要です。毎日当たり前のように繰り返す洗顔や基礎化粧品のケアも、強い力で擦ったり、誤ったやり方では肌にダメージを与えます。

美肌のためのスキンケア

スキンケアは美肌を叶えて維持するための基本であり、正しいお手入れをすることが大切です。人間の皮膚は思うよりずっとデリケートであり、顔の肌はさらに優しくお手入れする必要があります。

洗顔方法のポイントは良く泡立てた洗顔料を使うことであり、手のひらで擦るのではなく、泡の弾力で汚れを吸着させることです。乾燥肌なら朝は洗顔料を使う必要はなく、混合肌や脂性肌なら、シンプルな成分で構成された固形石鹸を使うことです。

皮脂が少ないのが乾燥肌の人の特徴なので、朝の洗顔で洗顔料を使うと、潤いの皮脂まで流してしまいます。余分な皮脂が分泌される、混合肌と脂性肌は、洗浄力の弱い固形石鹸で洗うのが良いのは、適度に皮脂を残して洗い上げることが出来るためです。

夜はメイクと日中皮膚に付着した汚れを落とす目的があるので、クレンジングから丁寧に行います。メイクを落としたら予洗いをぬるま湯で行いますが、その際の温度は35度程度です。良く泡立てた石鹸で、皮膚の表面をソフトタッチで、マッサージする要領で洗います。ぬるま湯を使い隅々まですすいで、清潔で柔らかいタオルで、優しく水分をオフして洗顔完了です。

毛穴や皮膚表面から汚れを一斉除去したら、失われた水分を十分に補うために、化粧水をたっぷりと付けます。塗布の方法はコットンを使っても素手でも構いませんが、叩くように入れるのはNGです。力加減が強すぎると摩擦を生じますし、皮膚に刺激になることもあります。

清潔で手のひらで、顔全体にハンドプレスをするように浸透させる方法だと、肌に無駄な負担をかけることにはなりません。1回ではなく数回入れるようにして、手のひらに肌が吸い付くようになるまで化粧水は惜しみなく使います。肌の乾燥を強く感じる時などは、コラーゲン配合の化粧水を選ぶのも良い方法です。

肌の潤いを保持する保湿成分であるコラーゲンは、十分な水分を届けてくれるため、ベストな肌の水分量を保てるよう助けてくれます。角質の潤いを保持しながら、ハリのあるみずみずしい状態を叶えてくれるのもコラーゲンです。

化粧水を使うことで水分を与えて十分な肌の保湿ができますし、キメが整いますので、そのあとで使う基礎化粧品の美容成分の浸透も良くなります。皮膚を柔軟にして水分をしっかり吸引する力を高める、オイルや導入液などのブースターを、化粧水前に使うのも良い方法です。

十分な水分を満たした後は、濃厚な美容成分を配合した美容液を使います。それぞれの肌悩みに対応する美容液を選ぶべきであり、シミやしわにたるみや乾燥など、改善に役立つ種類を選ぶことができます。

水分や美容成分を入れたら蓋をする必要があるため、油分の多い化粧品をラストに使うことです。朝は水分の多めの乳液を、夜は濃厚なクリームを使うスキンケアがピッタリです。朝のスキンケアでは紫外線から肌を守るために、日焼け止めを使うようにします。保湿ケアをした後に化粧下地を塗る前に使いますが、重ね塗りの手間を省くなら、日焼け止め成分を含む化粧下地や、BBクリームやCCクリームを使うのも良い考えです。

定期的に行いたいのはフェイスパックであり、クレンジングと洗顔で皮膚を清潔にして、肌に化粧水で水分補給したらフェイスパックをします。水分をあらかじめ肌に与えてから使うのは、パックに含まれる美容成分が浸透をしやすくなるためです。

かさつきやごわつきのある肌の状態の時には、オイルをブースターとして馴染ませます。スクワランオイルやホホバオイルなどの植物性オイルは、皮脂と馴染むので角質を柔軟にしてくれて、化粧品の浸透も高める秘訣です。

自分の体質を理解する

美肌を目指すのであれば、自分の体質を理解することも必要です。西洋医学はレーザーや光を使って肌を若々しくさせるのに対して、東洋医学は原因に働きかけます。根本にアプローチをして、肌質や体質の改善をするため、自分のタイプを知ることはとても大切です。

立ちくらみが多く疲れやすくて、全身に発汗を感じたり、頭がボーッとするなら虚弱タイプになります。食べるとすぐにトイレが近くなり、軟便気味の傾向もあり、疲労感を感じやすく、なかなかやる気も出ません。体内の吸収力が弱くて、健康に必要な栄養が足りていない状態です。気血を十分に養う食べ物を口にすることであり、植物性タンパク質の豆腐や、質の良い脂肪を含む豚肉、ビタミン豊富なほうれん草なども適した食材です。

肌質が脂っぽくて倦怠感を感じやすく、天候が乱れると体調が悪くなるのは過剰タイプになります。便はどちらかというと硬くて、お通じがイマイチなのでお腹も張りやすいです。不要な老廃物を体内に溜め込みやすく、排泄が苦手なのでむくみにも悩まされます。食べるのは好きだけれども、巡りの悪さから排泄がイマイチなので、食べ過ぎて状態を悪化させないように注意が必要です。ビタミン豊富な野菜をメインした腹八分目の食事を心掛け、消化を助けるゴボウや大根なども献立に加えるようにします。軽い運動習慣を取り入れるのが良いため、ストレッチや散歩を習慣にすることです。

憂鬱感やイライラした感情を感じやすく、プレッシャーやストレスには弱くて、お腹に膨満感を良く感じるなら停滞タイプです。下痢も便秘もしやすいため、基本的に排便が得意ではありません。シミやクマにニキビ跡も目立つタイプであり、皮膚に色素沈着を起こすこともあります。動物性タンパク質の青魚は血液をサラサラにしてくれますし、ビタミンの多い青梗菜も巡りをよくする食材です。適度な糖分も摂取するために、腸内の善玉菌を増やす発酵食品も使うことができます。

眠りが普段から浅くて忘れっぽく、毛量が減少気味で質も低くなりがち、顔色も悪く活力がわかないのは調タイプです。40歳以上の女性や産後の女性に見られる傾向であり、加齢と共に免疫力が下がり疾患も抱えやすくなっています。自律神経とホルモンのバランスが整いにくい体質であり、規則正しい生活を取り戻すのが改善の基本です。改善のために気血を養う旬の食べ物を意識する事、腎機能を手助けする芋やブロッコリー、黒豆に向いています。

自分の体質を理解したら内側から改善を試みることであり、美肌と健康を取り戻すレシピで健やかな状態へ導きます。本当の美しさは内側からの栄養が秘訣であり、肌に必要な栄養を口から摂取することです。

ダイエットや肌のために肉類は避けやすいですが、適度な脂肪を摂取することで健やかな肌をつくります。体のエネルギー源として適量の糖分も必要であり、野菜や果物など酵素やミネラルも同時に含む、健康的な食材から摂取すれば心配はありません。日本人に馴染みが深い発酵食品は、美肌のためにも意識して食べたい種類です。日本のソウルフードでもある発酵食品として、みそや納豆に豆腐などは昔から食べられてきました。

生きた菌が豊富であり、酵母菌や麹菌に乳酸菌などは、腸内で善玉菌のエサになるので、善玉菌が増えることで腸内環境が整います。肌は腸内を映す鏡といわれていますが、腸内がキレイになると肌までキレイになりますし、豊富な栄養を含む発酵食品は、美白やアンチエイジングにも一役買う存在です。

記事一覧
メイクブラシ、パフは定期的に洗うべし 2019年11月16日

メイクは大人の身だしなみであり、毎日バッチリお化粧はするものの、使っている道具を洗わないのはナンセンスです。毎日使うメイクブラシやパフは、衛生面にも配慮して定期...

ルミガンでマツ育!病院で処方してもらう他にも通販という手段も 2019年09月11日

まつ毛を濃く長くする効果を持つのがルミガンであり、これはまつ毛専用の育毛剤です。使い方は就寝前にひと塗りするだけであり、クレンジングでメイクを落とし、洗顔ですべ...

厚生労働省が認めた美白有効成分を含む化粧水 2019年10月21日

厚生労働省が正式に認めた美白有効成分を含む化粧水を使い、白く透明感のある肌を目指すことができます。高級化粧品メーカーの、手の届かない高級化粧品ではなく、手軽に購...

日常生活の中で簡単にできる美肌の習慣 2019年10月01日

美肌作りのために欠かせないのは質の良い睡眠をしっかりとることであり、良い眠りで美しさを手にいれるためにも習慣にしたいことがあります。手のかかることは続きませんが...

動物の胎盤プラセンタには美肌効果がある 2019年08月23日

動物の胎盤プラセンタは肌に美しさをもたらす要素であり、ジェルなどの基礎化粧品でスキンケアに使用したり、サプリメントでの摂取もできます。ヒトの胎盤より抽出するエキ...

同じ黄色人種なのになぜ韓国人は肌が白いのか 2019年08月04日

日本人と韓国人の肌質に関しては、同じ黄色人種なので大きな違いはありませんが、肌が白いのはプライベートでの生活が大きく関わっています。美容大国と呼ばれるほど美意識...

よく聞く美肌の湯ってどういう効果があるの? 2019年07月24日

炭酸水素塩泉に硫黄泉、硫酸塩泉は三大美人泉質であり、美肌の湯の美肌効果をもたらす秘訣です。清涼の湯や美肌の湯と呼ばれる泉質の炭酸水素塩泉は、肌の汚れを一斉除去し...