• ホーム
  • よく聞く美肌の湯ってどういう効果があるの?

よく聞く美肌の湯ってどういう効果があるの?

肌の問題を気にする女性

炭酸水素塩泉に硫黄泉、硫酸塩泉は三大美人泉質であり、美肌の湯の美肌効果をもたらす秘訣です。清涼の湯や美肌の湯と呼ばれる泉質の炭酸水素塩泉は、肌の汚れを一斉除去してくれます。毛穴に詰まりがちな頑固な汚れも、肌表面に蓄積しがちな古い角質も、お湯に浸かるだけでまるで石鹸で肌を洗ったように清潔になるのが特徴です。

重層泉と重炭酸土類泉の2つの種類に泉質は分かれ、余計な角質を無くすことで、水分蒸発も早くなります。スッキリ汚れの取れた肌は乾燥スピードも速いことから、お湯から上がったらすぐに保湿剤でスキンケアをすることです。日本国内の炭酸水素塩泉で有名なのは、鹿児島の天降川温泉や神奈川の強羅温泉、熊本の黒川温泉などがあります。

脳卒中の湯や傷の湯とも言われる泉質が硫酸塩であり、含有成分により硫酸塩は3つの種類に分かれるのも特徴です。正苦泉のマグネシウム硫酸塩に石膏泉のカルシウム硫酸塩、芒硝泉のナトリウム硫酸塩の3種類になります。

カルシウムの働きによる鎮静効果を得られるのもカルシウム硫酸塩泉であり、痛風の湯や傷の湯と呼ばれることがあるのもこのためです。皮膚病や外傷に脳卒中、他にも動脈硬化症や高血圧症、慢性関節性リウマチにも作用をします。時には飲泉で使われることもあるのがカルシウム硫酸塩泉であり、じんましんのも効果をもたらすと言われるほどの威力です。

動脈硬化や高血圧症に良いとされてきたのが、ナトリウム硫酸塩泉への入浴であり、飲泉で使われることもあります。飲むことでナトリウム硫酸塩泉の成分が体内で働き、胆汁の分泌が促されますし、滞りやすい腸内の環境をよくする、ぜん動運動が活発になるのも良い点です。独特の苦みがありますが、無色透明で特に嫌な臭いもすることがありません。

美肌の湯と呼ばれる温泉の湯には、様々な鉱物質のミネラルが豊富です。たっぷりのミネラルを含むお湯に浸かることで、肌はすべすべになりますし、保湿効果が促されて乾燥肌が改善したり、シミやそばかすが薄くなる美白効果も期待ができます。

共通して言えるのは美肌の湯には、皮膚の古い角質を除去したりする乳化作用があることです。皮膚表面の不要な汚れが溶かされるため、柔らかくツルツルの美肌を手に入れることになります。汚れがしっかりと除去できれば、ローションやクリームの美容成分の浸透も良くなるので、入浴後にはしっかりと保湿ケアをすることで、より美肌力はアップです。