• ホーム
  • メイクブラシ、パフは定期的に洗うべし

メイクブラシ、パフは定期的に洗うべし

メイクは大人の身だしなみであり、毎日バッチリお化粧はするものの、使っている道具を洗わないのはナンセンスです。毎日使うメイクブラシやパフは、衛生面にも配慮して定期的に洗うようにします。ファンデーションなどに含まれる油分などの配合成分だけではなく、メイク道具には分泌物の汗や皮脂なども付着するためです。清潔に見えるパフも、毎日肌に直接触れることから、次第に不衛生な状態に陥ります。

ミネラルファンデーションは石鹸で落とせるため、肌に優しいと言われているタイプです。サラサラなのも特徴のミネラルファンデーションは、配合成分がとてもシンプルですが、油分なども配合をしています。ほかのファンデーション同様、メイク道具を洗わないで使うのは不衛生です。何度も使い古したコスメの油分も付着をしたメイク道具は、すでに雑菌の温床ですから、化粧品の種類に関わらずそのまま使い続けてはいけません。洗うメンテナンスをしないままで使い続けると、しわやシミの原因になりますし、毛穴を目立たせるなど肌トラブルを招きます。

人間の皮膚には常在菌が存在しており、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌、アクネ菌など皮膚常在菌は誰の肌にも普通に生息する菌です。メイク道具には、これらの皮膚常在菌も付着します。日々使い続けるメイクブラシなどについている、皮脂や汗にコスメの成分をエサにするため、繁殖するのも問題です。

恐ろしい繁殖能力を発揮する雑菌たちは、放置することでトイレの床よりもたくさんの雑菌を増やすと言われています。洗わないままメイク道具を使用すると、同時に繁殖した多数の菌も肌につけていることになるため、肌トラブルを招く原因になるというのも納得でしょう。アクネ菌が大繁殖していればニキビになりますし、肌荒れトラブルを起こすなら、顔ダニが大量発生をしているサインかもしれません。

皮膚のトラブルはしわを招くもとであり、シミなども増やすことがあります。汚れの多いメイク道具を使えば、毛穴に汚れがさらにつまり、これもニキビ発生の元です。綺麗になるためにメイクをするのに、美肌からは遠のくことになります。

メイクのノリも次第に悪くなりますが、これはパフなどに油分が過剰に付着するためです。パフにファンデーションをとっても、油分がたくさんついているので、均一に付くことが無く、メイクは綺麗にのりません。土台となる肌のコンディションも乱れて美肌とは縁遠くなり、メイクのノリまで悪くさせてしまいます。