• ホーム
  • 冷えは女の大敵!ストレッチで打倒冷え性、目指せ美脚

冷えは女の大敵!ストレッチで打倒冷え性、目指せ美脚

下半身のむくみの原因は冷えも関わっており、美脚を目指すなら冷え性を解消することです。多くの女性は下半身に脂肪が付きやすいことに悩んでいますが、実はむくみかもしれません。特に足元に冷えの症状を感じている人は多いですが、同じくらいむくんだ症状も感じています。

収縮と弛緩を繰り返す筋肉は、心臓に血液を戻すポンプ役です。順調であった働きが衰えることで、心臓に血液がスムーズに戻りません。血液の巡りが悪くなることで、むくみを生じます。

血流の悪化や自律神経の乱れに筋肉量の低下などが、冷え性になる主な原因です。筋肉を衰えさせずベストな状態を長く保てるように、冷えの改善のためにも、ストレッチの習慣をつけるのは良い方法になります。即効性があるわけではないものの、持続をすることでストレッチは冷え改善の手助けになりますし、美脚効果にもつながる方法です。

キチンと筋肉が働かなければ、体内では血流が滞ります。第二の心臓といわれるのはふくらはぎですが、特にこの部分の筋肉は重要な存在です。血液の循環機能のミルキングアクションがあるのもふくらはぎの筋肉であり、機能の衰えは心臓に血液を戻りにくくさせます。足元や下半身は次第に冷えやすくなることから、冷え改善のためにも足は、ふくらはぎをメインにエクササイズを実践することです。
外から体を温めるために、ひざ掛けを使ったり靴下を重ねて履くことも冷えの対策にはなりますが、体内には熱を作り出せる組織の筋肉があります。身体全体で作る熱の割合で見た場合、筋肉により作り出される熱はおよそ30%から40%です。

大きい筋肉になるほど熱をつくる割合が高まりますので、身体を手っ取り早くポカポカにするには、ヒップや太ももの大きい筋肉をしっかりと刺激することが大切になります。血流を促すことになりますし、脂肪燃焼効率を高める基礎代謝アップにもつながる方法です。

ひと口に冷えといっても筋肉に関わることだけではなく、自覚症状のない身体の冷えとなる、ストレス冷えの可能性もあります。大きなストレスを抱えることで、交感神経が緊張した状態が続くと、末梢血管の収縮により血流が悪くなるため、ストレス冷えは自律神経の働きが乱れが原因です。

できるだけストレスはこまめに発散をすることであり、バスタイムは浴槽にゆっくり浸かるとか、アロマの香りに癒されたりリラックスできる時間をつくります。ランニングをしたり体を動かす事も、良いストレス発散効果につながる方法です。