• ホーム
  • 同じ黄色人種なのになぜ韓国人は肌が白いのか

同じ黄色人種なのになぜ韓国人は肌が白いのか

鏡を見て肌を気にする女性

日本人と韓国人の肌質に関しては、同じ黄色人種なので大きな違いはありませんが、肌が白いのはプライベートでの生活が大きく関わっています。美容大国と呼ばれるほど美意識も高く、美容施設も多いのが韓国であり、韓国人の意識には常に美しさがあるといっても過言ではありません。

出来るだけ肌負担を減らすため、すっぴんでいることも多く、肌断食もします。洗顔後は基礎化粧品を使わない日をたまにつくり、皮膚の持つ力を引き出すことで、美容効果をアップする方法です。ニキビに対しては皮膚の病気という認識があるので、迷うことなく皮膚科を受診します。日本女子の感覚からしたら、ニキビごときで病院へ行くのは面倒です。皮膚の炎症でもあるニキビは、皮膚からの異常サインでもあるため、韓国女子は皮膚科でキチンと治療をします。

韓方も美容に取り入れていて、いくつもの種類がありますが、それぞれに美肌効果を潜める優れた成分ばかりです。韓方粉パックをスキンケアで利用することもあり、白い肌の秘訣はここにもあります。ハト麦には必須アミノ酸と無機質が豊富で、抗酸化作用があるため、美白やそばかす、ニキビやシミなどにも有効です。甘草は肌荒れ解消や美白効果があり、白茯苓には色素沈着の抑制作用があります。

完璧な紫外線対策をするのも韓国女子であり、職場のデスクにもバッグにもUVクリームを常備するほどです。エステサロンでフェイシャルエステを受けても、紫外線対策への意識が高いため、最後に必ず日焼け止めを塗りましょうかと声をかけてくれます。肌に負担をかける成分であることも理解しているので、帰宅後はすぐに落とすことも忘れません。

いくつもの基礎化粧品を使う10ステップスキンケアが基本なのが、韓国人の肌のお手入れであり、日本女子のお手入れステップよりはるかに多いです。オイルクレンジングからウォータークレンジングへ、角質ケア後には化粧水にエッセンスに移ります。セラムを使いパックをしたらアイクリームに化粧品での保湿、さらに朝は日焼け止めで夜はナイトクリームでフィニッシュです。

美肌の秘訣は彼女たちの食事にもあり、キムチは毎日欠かせません。豊富な野菜が使われていて、メインは白菜になります。食物繊維が豊富なため便通が良くなり、毒素を排出する効果も高いです。野菜摂取量が世界で第2位と、食事からの栄養の重要性をよく理解しています。生野菜に根菜や葉物類、温野菜などもバランスよく食事に取り入れていますし、間食をすることはほとんどありません。