• ホーム
  • 日常生活の中で簡単にできる美肌の習慣

日常生活の中で簡単にできる美肌の習慣

美肌作りのために欠かせないのは質の良い睡眠をしっかりとることであり、良い眠りで美しさを手にいれるためにも習慣にしたいことがあります。手のかかることは続きませんが、簡単なことなら継続をすることができますし、肌のコンディションが高まるならやる気も倍増です。

早くお布団に入ってぐっすり眠ろうとしても、何となく眼が冴えてしまったり、考え事をして寝付けないこともあります。睡眠を誘う体にも優しいドリンクを、眠りにつく前に飲むのも良い方法です。良質な睡眠に導き美肌効果もあるのがホットミルクであり、トリプトファンを豊富に含むため熟睡のサポートになります。セロトニンの材料にもなりますが、セロトニンのホルモンにはストレスを緩和する作用があります。自然な眠りを促進するメラトニンの材料にもなるのが、このセロトニンです。

冷たいままではなくホットミルクにするのが良いのは、自律神経を温かいドリンクがリラックスさせるためであり、休息モードに体が切り替わります。夜の22時から午前2時はゴールデンタイムと呼ばれており、質の高い眠りをとるためにこの時間には眠るようにすることです。成長ホルモンが最も分泌をされるのがゴールデンタイムであり、疲労回復や細胞の修復を行います。

皮膚のターンオーバーを促進させたり、皮下組織の十分な水分を保持するためにも、成長ホルモンの分泌は欠かせません。健やかな皮膚細胞の分裂や細胞を行うためには、ターンオーバーが順調である必要があり、健康的な美肌には必須です。

肌荒れを起こす原因のひとつは寝不足であり、皮膚の新陳代謝も悪くなれば、潤いあふれる肌を保つことは出来ません。十分な睡眠時間を確保するのも美肌習慣であり、シンデレラタイムの22時までに眠れなくても、その日のうちに眠るようにすることです。

熟睡するためにアロマを活用したり、照明を変えてみるのも悪くはありません。浅い眠りで何度も深夜に起きると、十分な眠りが確保できず、これも肌荒れを招く要因です。長いあいだ眠るのがよいというわけではなく、いかに良質な睡眠がとれるかも大切になります。間接照明などの薄明かりをともして眠るのも、意外と熟睡に導くので試す価値は高いです。

良質な睡眠にアロマを使うなら、リラックス作用の高いラベンダーもあります。副交感神経を優位にするため、心身の休息スイッチをオンにして、穏やかな香りで眠りにつけるのも良い点です。寝る前のリラックスにも良いスイートオレンジは、翌朝もすっきりします。