• ホーム
  • 男と女の美肌メソッドに違いはあるか

男と女の美肌メソッドに違いはあるか

水分量は女性よりも男性の肌に含まれる量は50%以下なので、乾燥しやすく、たるみやしわにもなります。皮膚の水分量の減少を防ぐために、過剰な皮脂分泌が起こり、洗顔で皮脂を落とすのでさらに乾燥を促す悪循環です。

男性は毎日のシェービング習慣があるため、皮膚を日々傷つけてダメージを与えています。負担を減らすためにもシェービングフォームを使ったり、化粧水で肌を整えるなどの保湿のスキンケアが重要です。水分補給と油分補給の両方を重視して女性はスキンケアをしますが、水分量の少ない男性は化粧水重視のお肌のお手入れをしっかりとします。

男性も女性も美肌を求めて維持するためには、生活習慣や食生活を改めること、睡眠をしっかりとるなど基礎的なことを大切にすることです。スキンケアには性別は関係なく、その人の肌質に合った基礎化粧品でのお手入れをします。

喫煙習慣や過度の飲酒は肌を悪くしますし、健康を失う可能性もあるため控えるようにすることです。夜遅くまでスマートフォンに夢中になり、寝不足のまま出掛けては肌荒れもしやすく、仕事のパフォーマンスも上がりません。良質な睡眠をとるようにすること、健康的な生活習慣に切り替えることです。

コンビニや外食に頼り切った食生活は改めて、野菜や海藻にキノコに質の良いタンパク質など、健康に良い食事を食べるようにします。女性よりも皮膚に厚みがあるのが男性の皮膚であり、硬くてきめが粗いのも皮膚が厚い状態です。手触りはざらざらして毛穴が目立ち、肌荒れもしやすい環境でもあります。反面で皮膚にはそれなりに厚みがあることから、紫外線の影響を受けにくく、外的要因でのシミやそばかすのダメージもうけにくいです。しかし、女性同様、十分な保湿のスキンケアと日焼け止め対策をしないまま、外的なダメージを完全に防ぐことは出来ません。

ティーンエイジャーの年齢から50代まで性別を問わず、皮脂の分泌量は変わることはないです。ベタベタしたり脂っぽさを感じる肌のお悩みは、それぞれに長いあいだ起こります。皮膚の潤いを維持するための皮脂は、女性より男性は3倍もの量です。

太陽からの紫外線は年間を通して降り注ぐため、男性も日差しが強い時には、日焼け止めを利用するようにします。保湿ケアを重視した肌のお手入れと共に、食事を改め睡眠をしっかりとること、これこそが美肌メソッドの基本です。王道ともいえる食事と睡眠にUV対策、それに生活習慣の改善は、男性と女性に共通する美肌の秘訣でもあります。